×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電波子ちゃんダイジェスト




管理もそろそろ卒業式を迎える学生。


これまでに数々の学校ネタを書いてきたがそれもそろそろ終わってしまう。


そして学校ネタの中枢を支えてきたのは変人四天王ネタ。


しかしまだ、管理の学校の変人四天王を半分しか紹介していないことに気付いたのですよ。


ちなみに今まで紹介した二人はTYUさんと絶滅危惧種なんですけど、


後の二人の「電波子ちゃん」と「えなり君」がまだなんですよね。


せめて社会に出る前に学校ネタの締めとして四天王を出しておきたい。


ってなわけで、今回は電波子ちゃんの紹介をダイジェスト風に書いちゃいます。


序章


電波を送受信してそうなおかしな子、から電波子ちゃんと呼ばれる。


たまたま合同教室で、クラスメイトのH氏が彼女の隣に座ることに。


見知らぬH氏に電波子ちゃん画の絵(悪魔みたいな絵だったらしい)を見せてきて


「これどうですか?」


と、感想を求めてきたらしい。


返答に困ったH氏は


「え、あ、いいんじゃないですか?」


と、当たり障りのない答えで返した。


ちなみにこのH氏、髪の毛がヤバそうなので本人に悟られないようにさりげなく頭皮マッサージをしてあげている。





第二章


またしても合同授業。


管理の右後ろに電波子ちゃん。


授業は真面目に受けてるのかと思えば堂々とCDウォークマンを机に出して聞いている。


と、思っていたらいきなり





「あぁ!もぉ!!(ドンッ!)」


と、いきなり机を叩きだした。


どうやら他の生徒のおしゃべりが癇に触ったらしい。


それにしても


「畜生っ!(ドンッ!)」


の彼と言い、この学校では悔しい時は机を叩く風習があるのだろうか。


ビクッとしてしまった。





第三章


なんか「私もう学校辞めます!」


とか言って階段を駆け降りて行ったらしい。


そんなことよりH氏の頭皮の方が気になる。





第四章


管理の学校は、生徒一人一人にパソコン上でフォルダを与えられている。


まず、大元に「クラス」と言う名前のフォルダがあって、


そのフォルダの中に各クラスごとのフォルダがあり、


個人のフォルダがある。


例えばAクラスの山田なら


「クラス」フォルダの中にある


「Aクラス」フォルダの


「山田」フォルダを自由に使っていいのだ。


しかしこの電波子ちゃん、「クラス」フォルダの隣に





「私物」フォルダを勝手に作成し使っていたのであった。


自分のとこ使えよ。





第五章


電波子ちゃんが財布をその辺に置いてたら中身が抜き取られたらしい。


現金にして約3000円。


怒った電波子ちゃん、校長に直訴。


「生徒一人一人、全員を警察に尋問させろ」とのこと。


盗んだ奴も相手を選んで盗んで欲しいものである。


あまりにうるさいから校長が代わりに立て替えると言ったところ、





「買収する気ですか!?」





とのこと。


何もしてない校長が買収する意味がわからない。





第六章


卒業研究。基本的にグループ活動だけど電波子ちゃんは一人。


出来上がった作品は発表会場を騒然とさせた。


音割れしたオルゴール音と不気味に跳ねるピエロ。


それについてO氏は語る。


「精神汚染か」


ちなみにO氏、かなりいい奴だがデコから禿げそうである。


位置的にマッサージしづらいので見守るしかできなかった。





終章


僕らは気になって聞いてしまった。


電波子ちゃんがちゃんと就職できたかを。


まともな企業なら取るまい。そう踏んでいた。


そしたら先生


「あいつはどこの企業も取らないだろう」


とのこと。


やっぱり就職できなかったか、と先生の光る頭を見ながら僕達はしみじみと思った。


電波子ちゃんダイジェスト −完−
すちっち




管理は割とディズニーが好きなのですよ。


今でこそ映画とかあまりみない生活をしているものの、


ジャリガキの頃はビデオとかでアラジンやらライオンキングやら見たりしたものです。


ディズニーは素晴らしい、夢がある。


キャラクターグッズなんかが割高だったり、版権にうるさかったりするけど


管理はそれでもディズニーの素晴らしさを主張する。


例え中身がヒューマンでもだ。


けれど悲しいかな、少年管理の周りにはディズニーで語れる友達なんてほとんどいなかった。


好きなものは共有したい気質の管理としてはそれが叶わないのは残念極まりないことだったけど完全にないものねだり。


加えて、大人になるにつれて見る暇がなくなり、冒頭で述べたように最近はめっきりご無沙汰だった。


そう、夢の世界に触れることをすっかり忘れていたのです。


最後にディズニーを見てから何年経ったでしょうか、ひょんなことで久々に夢の世界に触れることになったのです。


最近、女子高生やら何やらに人気の


「リロ&スティッチ」


見ちゃいましたよ、やっぱりディズニーは良いですな。


まぁ、見てない人のために大まかな内容を説明すると、狂暴なスティッチをリロが調教するプレイの話とかそんな感じです。


最初は生意気だったスティッチもだんだん従順になって愛を欲するようになります。


これだけで調教大好きなキモオタのお兄さんや監禁王子は興奮ものですよね。


だけどそれだけじゃ物足りない、もっとスティッチに触れたいっ!


そんな方にうってつけのアイテムを先日発見したのですよ。


これを着ればスティッチになれる、夢の世界が現実のものに!


ドMなあなたもこれで調教され放題、期待のアイテムはこれだっ!























スリムなボディは可愛かった二等身からエレガントなジェントルメンに成長したスティッチを演出している。


また、売り文句にあるようにパーティーや部屋着にぴったりと、どんな環境にも適応した着こなし。


こんなのパーティーに着ていったらみんなに勇者として讃えられますよ。


スティッチ大好きなあなた、これであなたもスティッチになれる!


ディズニーに興味ないあなたも優雅な紳士淑女を演出してみませんか?


スリムなスティッチで今夜のパーティの主役はあなたのもの!


まぁ、管理は勘弁ですけどね。


やっぱり夢の世界は夢のままにしておこうとおもった。






ノーズウォーター




鼻が弱い。それも極度に。


いきなり何を主張するんだ、とか思われるかもしれないけど、とにかく鼻が弱いのです。


高校出るまでは毎年必ず耳鼻科に通っていて、ティッシュは生活必需品。


鼻から息がほとんど出来ないからイビキもうるさくなるわで、いいことなんか何もない。


そんな管理、人一倍どころか人六倍くらいの鼻の弱さのせいで鼻をかむ時の勢いが凄まじいらしいんですよ。


高校の時は「鼻水魔神」とか言われたし、中学の時は鼻をかんでいると


「ザラキ唱えるな」


とか言われたり。


死の呪文扱いかよ。


まぁけど、それくらい凄まじいんですよ。


多い日とかは鼻水を出す時の音が「ごぽっ」ですからね「ごぽっ」。


ウィスパー(夜用)レベルじゃなきゃ防ぎきらないレベルですよ。


この決定的鼻の弱さに今まで何度苦しめられてきたことか。


今の学校に入学した当初、授業中に鼻水で鼻が詰まってしまいましてですね、


トイレで鼻をかもうと思って先生に


「鼻かんできていいですか?」


って聞いたら


「教室でかめ」


って言われたんですよ。


先生が言うなら仕方ないと思いましてですね、仕方なく








【管理はザラキを唱えた】





クラスメイトAを倒した。


クラスメイトBを倒した。


クラスメイトCを倒した。


ってな状態になったんですよ。いや、倒れてないけど。


んでんで次の日、再び教室で鼻をかんでいたら先生が








「トイレでかんでこい」








とか言うんですよ。


先生の発言自体を180度変えてしまう我が鼻水。


我ながら凄い力だぜ、とか思ってたのですが、強すぎる力は身を滅ぼすのは世の常です。


今朝のことでした。


いつもの様にフェリーに乗り、メルマガなんか書いてたら、鼻がむずむずしやがりましてですね


もうね、40代後半のオヤジみたいなくしゃみをしちゃったんですよ、激烈に。


とっさに右手で抑えたんですが、抑えきれずに


ぶえっくしょいっ!!って。


そしたら次の瞬間、なんか凄いことになってました。








【バブルスライム(透明)が現れた】


______
| 戦う  |
| 呪文  |
| アイテム|
|→逃げる |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
管理(の右手)は逃げ出した。


しかし、管理(の右手)は囲まれた。


管理(の右手)は逃げられない。


バブルスライム(透明)の攻撃。


管理(の右手)は息絶えた。





ってな具合で、とどのつまりが右手全体にぐっちょりと、あと左手にも少々


それはもう盛大に鼻水がぶっかかってしまったんですよ。


しかもですよ、鼻から右手へとしっかり糸引いてるんですよ。


こう、運動会の時とかに飾られる旗みたいにびろ〜ん、って。


で、ティッシュを探すんですが、ポケットに入ってないんですよ。


純粋に忘れたか、バッグの奥底に入っているのかどっちかだと思うのですが、非常にやばい。


どう見ても汚い人ですからね、これはもう大ピンチですよ。


まず人に見られたくはないですよね、どうみても汚いもん。


管理が他人の立場だったらゼッタイ引くし。


けどね、悲しいかな、それ自分なのよね。


とりあえず一縷の望みを託して比較的被害の少ない左手でバッグのチャックを開くんだけど


昔お世話になったお姉さんに貰った大事なストールがバッグ上部を占めていたんですよね。


どうあがいても、下部を探すにはそのストールに触るしかない。


けど触ったら鼻水がストールについちゃう…


いや、むしろ








ストールで拭いちまえば早いんじゃ…








と、あまりに焦っていたせいで冷静な判断ができなくなってしまっている始末。





お姉さん、貴女はまるで僕を本当の弟のように可愛がってくれたよね…


7つも年上なのに、時に子供のように無邪気なお姉さん、


僕は貴女のことを本当のお姉さんのように慕っていました…


お姉さんがくれたストールで鼻水を拭く僕をお許しください…








…っとイカン、この程度のことで大事なものを見失うところだった。


俺はまだ戦える、中学の時、体育の先生が


「透明な鼻水は汚くないから舐めても大丈夫」


みたいなこと言ってたし、幸いこの鼻水は透明だ。





一気に舐めいや無理。


舐めれるわけがない。


緑や黄色じゃなくて、管理の心のように透き通って透明だけど無理。


こうなったらおもいっきり走ってトイレのトイレットペーパーを使うしかない!


しかし、そう簡単にいくだろうか。


もちろん途中で人に右手を見られないようにせねばならないし、


そのためにはとりあえず、右手と顔が透明な運命の糸で繋がっている状況をなんとかしなくちゃならない。


一か八か、思いっきり右手で引っ張ってみたらいい具合に千切れないだろうか。


これで鼻からぶらりんこ状態になると非常に手の打ち所がなくなるが


このまま鼻と右手に愛を語らわせるわけにはいかない。


右手が愛を語らうのは別な場面さ…


いや、語らわないで独り言になってるもんだと思うけど。


と、それはともかく意を決して右手を思いっきり引っ張る。


さらに、成功率を高めるために巻き取るように手をひねる。


確実に引っ張られていく鼻の中の鼻水。








ズボッ








って、実際音が鳴ったわけじゃないけど、そんな感じで一気に取れました。


なんかもう、あまりにもキレが良くて鼻の方はかまなくても何もついてない状態です。


あとは、手についた大量の透明スライムをどうにかするだけっ…!


そう思って、音速を思わせる速度で客室のドアを左手で開いてトイレへ駆け込んでいきました。


うんこ我慢できない人みたく駆け込みました。








そしたらうんこスペース全部埋まってました。








そう、朝のフェリーはその人口の多さからトイレ人口も多いことがよくあるのです。


正直、この状況はかなりの危機ですよ。


なんせ、このままフェリーでうんこしてる勇者が出てくるのを待っていても、


その勇者が出てきた時に、この破壊のオーラを纏った右拳を見られてしまう。


学校でうんこしづらい心理であっちも顔見られたら気まずいわ、


こっちもこんな汚物ハンドを見られて辛いわで、負の悪循環ですからね。


のんびり考えていても勇者が出てくるし、早く解決策を見つけないといけない。


これはマズいと思い、脳みそフル回転ですよ。


朝から頭使いたくないんですけどね。


尿の方で小便してるふりをしてやりすごすか…?


いやダメだ、何かとアレなとこにベトベトなものがついてしまう危険性がある。


下手したら視覚的には今より危険になりかねない。


ならばどうする、どうやり過ごすか…


っとそこで天才的アイデアが浮かんだんですよね。


そこはトイレ、もちろん水道もあります。


そう、








手を洗ってるふりしてやり過ごそう








これなら変なところについたりしないし、うまく誤魔化せるぜっ!


うん、天才すぎる発想力だ。


とか思って調子に乗っていました。














洗えば済んだんじゃん。畜生(ドンッ!)



TOP