×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雨漏り




その日は水道の工事があったせいか、晴れていたのに雨漏りが酷かった。


厳密には雨ですらないから水漏れか。


雨漏りがおこると大体何か失う。査定試験で使うテキストが水浸しだ。


せめて家にいれば気付いたかもしれないのだけど、その日は実家に帰っていたのでどうしようもなかった。


仕事帰りに寄るには若干面倒な実家なのだけど、実家で飼っている犬が最近あまり元気がないので小まめに様子を見に帰っていた。


小学5年の時、姉の誕生日にもらってきた犬で、当時は可愛くて仕方ない子犬だったのだけど今ではすっかりおじいさん。


どっかの飴じゃないけど、今では特別な存在だった。 まさに家族の一員だった。


誰に似たのか、お手をさせると凄く面倒そうな顔でだるそうに手を差し出してくる仕草や、


散歩が足りない時に前足でよっ掛かってきて散歩の続行を要求してくるようなちゃっかり者なとこが妙に人間くさいやつで、


そんなところがまた可愛いやつだった。


それが今年の6月くらいだったか、足に腫瘍ができて手術したのだけど、段々元気がなくなってきた。散歩の帰りに急にへたれこんだり、リードを引っ張ろうとして足に力が入らずに座り込んだりすることが増えた。


もう足に力が入らなかったんだと思う。


それから、ご飯を食べる量も減ってきて、まったく口にしない日も度々でてきた。


完全に立てなくなったのは散歩を要求しなくなって間もなくだった。


人がくるとすぐにのしかかってきて、姪なんかはびっくりしていたくらいなのに、様子を見に行くと起き上がれず、ただ尻尾を一回パタンと振って見せただけだった。


の子はいつまで生きられるのだろうか 見に行く度にその疑問が頭によぎった。


痩せすぎて肋骨が浮き出てきて、持ち上げると折れそうだったけれど足のあちこちにできた傷がジュクジュクになっていたから体制を変えさせようとしたら、その日は妙に嫌がった。


いや、嫌がったようにこっちが感じただけだったのかもしれない。


いつもは力を振り絞って足を動かすのにちっとも動かない。


それを、嫌がったのかと思っていたけど、今考えると動く力がもうなかっただけなのかもしれない。


それから全く動けなくなった。


痩せ細ったお腹はまだ呼吸で動いている。


まだ死んだわけではないのだけど、今にも呼吸がとまりそうな気がした。


今にもいなくなりそうだった。


そんな姿を見ていたら、少しだけ雨漏りがした。


その次の日の朝、ほんの数時間後だった。


親から留守電が残っていた。


聞かなくてもなんとなく用件はわかっていた。


用件を確認してから、妙に雨漏りが酷くて水道屋が確認にきても一向にペースが落ちないほどだった。


雨漏りすると何かを失う。 今度はなくなる予感はしていたのにどうしようもなかった。


ゆうべ、体制を変えさせようとした後、ずっとこっちの顔を見ていたのを思い出した。


目を開くのも辛そうだったけど、もう尻尾のひと振りもする元気がなかったから、一生懸命見ていたみたいだった。


きっと最後の力を振り絞って見ていたんだと思う。








ペットは死んでも新しく飼えばいいから、人間とは平等じゃないって言った人がいた。


もし今飼ってるペットが死んだら、もう飼わないだろうなって言ったら


命の大切さを教えてくれるから、自分は飼うと思うって人もいた。


価値観なんて人それぞれだけど、とても今はどっちも正しいことには感じなかった。


前者は、そんな風に割り切れるのはペットなんて飼ったことない人なんだと思った。


さして仲良くもない人間なんかよりも、ずっとペットの命のほうが少なくとも自分は大事だし、


とても「代わり」で済ませられるものじゃない。過ごした時間は違うものじゃ補えないんだから。


後者は、初めは納得したけど、いざその時になると肯定できる気分ではなくなった。


だって家族だもの。親や兄弟が死んだら、それを命の大切さを教えてくれたとかとても思えない。


人間だって犬だって同じ、種族の違いだけで割り切れない。


今でも、実家に帰って自分の部屋に入るときは、足音を聞いて吠えないか、電気がついて吠えないかついつい気をつけてしまう。


習慣になるほど、当たり前のようにいた存在がなくなるのは辛かった


ただ、あの子にはできる限りのことをしてあげられたと思ったし、たくさんの幸せも貰った。


あの子がいた14年間、悔いなく終われたと思う。


いろんな人がかわいがってくれた。


水道管の工事が終わってひと月ほど経った今でも、こうして文章にするだけで雨漏りはひどくなるし、


びしょびしょになりながら何でこんなこと書いてるのかもわからないけど、


辛くてもこの出来事を、時間が経って忘れてしまうのはイヤだから書きました。


いつか雨漏りが止んだときに後悔しないように





歯医者




歯医者と注射、この2つって人間を助けるものなのに、怖いものとして色々なところで題材にされているものの代表格ですよね。


注射はまぁ、わかりますよ。


そりゃー、体に針を刺すんですから、子供心には怖いことこの上ないし、大人になってもできれば痛い思いはしたくない。


管理も予防接種の日はめさくさテンションが下がって学校に行っていたものでした。


注射はもはや、誰もが1度は経験する、いわば義務。


誰にでも襲ってくる痛みですから、怖いものと認知されるのも仕方ないでしょう。


では、歯医者はどうでしょう。


こっちは、誰もがとは言い切れませんが、やはり多くの人が利用したことがあるはずだと思います。


ただ、歯医者ってそこまで痛くないと思いませんか?


いや、ちょっと度が過ぎた虫歯だったりなんかすると結構痛かったりするのだけど、


治療でそこまで痛かった試しは、少なくとも管理はあまりないです。


それどころか、なんだか歯医者ってキレイなおねーさんが多いイメージ。


行く前からわざわざ意識していくことはないですが、いざ治療室に入ってみると、


そりゃもー、思わずにやけてしまうようなお姉さん揃い。


白衣の天使といった表現がありますが、まさにそれでありましょう。


それに、管理が行きつけていた歯医者は先生もいい人で、なんだかとても行きやすい。


この間も、ちょっと右奥歯が痛くて久しぶりに歯医者行ったらいつもと変わらぬ笑顔で迎えてくれました。


待合室では子供への配慮でアンパンマンの映画が流れてて、病院らしいシーンとした雰囲気の中でも、結構安らげたものです。


ほら、アンパンマンって子供に大人気、そしていい大人である管理なんかも大好きなくらいの存在ですからね。


いくら友達が愛ちゃんと勇気くんしかいないからってみんなキミのことが大好きなんだよ。


完全なるスキンヘッドでも、みんなにこんなに愛されるヒーローになれるんだ。


みんな恐れる歯医者さんだって、アンパンマンがいれば怖くないさ!


ただ、アンパン食いすぎると虫歯になるぜ。


と、ここまでしてくれる歯医者を何故恐れるのか。あとなんであんなハゲが国民的ヒーローやってるんだ。


と、まぁ、そんなこんなで、歯医者ってそんなに怖くないんだよ、キレイなおねーさんも多いんだよ、とかアピールしようと思っていたのだけど、


まぁ、当然のごとく、どこの歯医者もそうとは限らないのですよね。


そう、確実に恐ろしい歯医者が世の中には存在したのです。


管理の姉は、ちょっと歯科関係の仕事をしていたので、そーゆー情報もたまに流れてきたりしていたのだけど、


姉が昔働いていたとこの医者の先生は、虫歯のカケラみたいなの?詳しくはわからないけど、虫歯の穴から取り除かないといけないものがちょこっと残ってる状態でフタをしたりする、


そりゃもーものっそいジャパニーズヤブイシャーだったらしく、客もあまり来なかったらしい。


挙句に受付のねーちゃんに「お前のせいで患者が来ない」とかあたったりしていたらしい。


なんてゆーうんこだ。


こんなのは氷山の一角で、他の歯医者でも、6000円くらいの入れ歯か何か?を10万くらいお金を取るぼったくりなんかもザラらしいのですよ。


うん、確かに怖い、歯医者事情。


けどね、そーゆーのは子供にはあまり関係ないと思うんだ。


子供心に恐怖を植えつけるのはもっと別のものだと思うのです。


さて、上で書いた管理が通っていた歯医者は、管理が小学生の時にできたところでして


幼稚園の頃はどうしていたのかと言うと、





恐怖を植え付ける歯医者に通っていたのです





そりゃー、普通の幼稚園児は歯医者や注射があると泣き叫ぶこともあると思うのですよ。


管理もその一人でして、歯医者で「いたいよー!いたいよー!」と、実際は痛くもないくせに、痛そうな雰囲気だけで泣き喚いていたら、





「ぱぁんっ!」





診察室内に響く音…





思いっきりビンタされました





理解できずにきょとんとしていると、アンパンマンの登場人物について語りだす先生。


こっちはいきなりビンタされてそれどころじゃないのに、そんな怖い先生のキャラクター紹介なんて聞いてもちっとも癒されません。


そもそも口頭であんなハゲの紹介をされても何も安らぐわけがない。時代は映像ですよ。


聞く話によると、ここの歯医者のビンタは普通らしい。


もはや今では過剰反応すぎるくらいの教育委員会に弾圧されるレベル。


きっと、そんな医者も世の中には少なくないのです。


それらの結果、歯医者は怖いといった認識が世の中に広まっていったのではないでしょうか。


だから、歯医者に限らず、医者を選ぶときはもはや事前に情報を集めておくのが必要な時代なのかもしれませんね。


長く通うものだからこそ。





さて、そんなこんなで久しぶりに行った歯医者ですが、ついつい面倒になって初診以降行かないまま1年以上経ってしまいました。


めんどくさがりのほうが恐怖よりも深刻な病気だったわ。






ちょっと宣伝




マガでもちょっと書いたのだけど、管理が最近どっぷりなゲームがありまして、


最近じゃ「エアーマンが倒せない」とかが有名なので、あまり興味ない人も名前くらいは知ってると思うのですが、まぁロックマンが大好きなのですよ、管理は。


で、最近じゃあ、PSPのソフトで、自分で作成したステージをネット上でUPして配ることができるらしいのですが、それで管理も作成してみたのですよ。


「ロックマンロックマン」なるゲームなのですが、中古でも4500円くらいしていて、やっと3200円まで値段が下がったぜひゃっはーー!!とか思って買ったら、その1週間後に


ロックマンロックマン Best Price!


とかゆーのがベストプライス2000円くらいで新発売ですよ、暴利で売ったブックマ死ね!


で、まぁ、持ってる方が居たら是非挑戦してやってくださいな、って宣伝でした。


導入方法はココ


感想なんかいただけたら嬉しいでげすー。